天台宗の戒名・居士・大姉のお布施

おすすめ

追加費用!?

戒名を居士・大姉に変更するときに追加費用を取られませんでしたか?戒名のお布施ならお支払いしますが、それとは別に追加費用がいるとなると、ためらってしまいます。どうしているの?と・・・。こちらでは追加費用一切かからない定額で戒名を授かることができます。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

お寺のマナーについて覚えておくと安心な事

"お寺では、柏手は打ってはいけないのはかなり有名なマナーです。 柏手とは、手をたたく事ですね。 神様を祀っているわけではありませんので、やっては駄目なのです。 お寺にある門の敷居は必ず踏まずにまたいで入る様にしましょう。 お墓参りをする時には、必ず本堂にお参りしてからする様に した方が良いです。 手水舎で、手を洗うのは禊の儀式を簡略化したものなので、 必ずする様にしましょう。 お線香の香りは神仏の >>お寺のマナーについて覚えておくと安心な事の詳細を確認する

法要と墓参の際のお寺でのマナー

"お寺に行く際のマナーについて、法要と墓参に分けてお話したいと思います。もちろん、法要の際には必ずお墓参りもするわけですが、墓参だけというケースがほとんどでしょうから、ここでは別にして考えます。 まず法要。施主側にとって気をつけなければならないことの1つが、お供えするものです。本堂で住職が読経する際、祭壇に故人の好物などを供えます。そのときにタブーとされるのが「生臭もの」。要するに魚や肉類など、動 >>法要と墓参の際のお寺でのマナーの詳細を確認する

お寺の参拝マナー

"春の桜の季節や秋の紅葉や大晦日に、私たち日本人がよく訪れる場所にお寺があります。 そんな馴染みの深いお寺には、ご存じの通りタブーな行為、またマナーとして守らなければならない行為が存在します。 その1 飲食禁止 お寺の門をくぐるところから、私たちはすでに宗教的な場所に足を踏み入れることになります。 神聖な場所での飲食は認められていません。 その2 決められたところを歩く お寺には石畳や歩道がきちん >>お寺の参拝マナーの詳細を確認する

お焼香の作法は宗派によって異なります

" 通夜、告別式で行われる焼香は、お香の香りで邪気を祓い、霊前を浄め、冥福を祈る気持ちと意味がこめられたものです。  焼香をする流れは、僧侶や遺族に一礼した後、焼香台に進み、まず遺影に合掌します。この時、数珠は房を下にして左手で持ち、右手を添えて合掌します。  その後に、右の親指、人差し指、中指の三本で、抹香をつまみ、焼香台の火種にくべます。この際、どのようにくべるかの作法が宗派によって異なります >>お焼香の作法は宗派によって異なりますの詳細を確認する

遺骨の扱い

"もう10年近く前の話になりますが、祖父のお葬式の時のことでした。 火葬や告別式なども終わり、お墓に遺骨を入れる儀式を行っていたときのことです。 墓を開けて骨壷を入れようとしたとき、中を確認すると、既に亡くなっていた祖母の骨壷が無く、割れて散らばっていました。 その場にはお坊さんや親戚などもいましたが、みんな怪訝な表情を浮かべていました。というのも、明らかに意図的に割られたような形跡があったからで >>遺骨の扱いの詳細を確認する

年に3回ぐらいです

"20代の頃にはお葬式は年に1つ参列するかしないかぐらいでした。 しかし30歳を超えてからこの2年ぐらいは、年に平均で3回ぐらいは参加しています。 その理由としては結婚をしてから相手の親戚のつながりも増えたことにあります。 自分の側の親戚だけではなく、夫の親戚のお葬式にも参列する必要があるので回数は増えました。 またお互いの祖父母世代は80代〜90代になっており、病気なので亡くなる人も増えています >>年に3回ぐらいですの詳細を確認する

お葬式の参列頻度

" 人の最後のセレモニー、お葬式。できればあんまり参列したくはないものですが、冠婚葬祭の名前の通り、生きている限り避けられないお付き合いの一つでしょう。行かなければ義理を欠く輩として、村八分になってしまいます。  さて、お葬式に一年間でどのくらい参列するかですけれども、私は年齢が30代とまだ若く、友人が少ないので、それほど回数が多いわけではありません。距離の近くない親戚は両親が対応してくれますし、 >>お葬式の参列頻度の詳細を確認する

家族、親戚のお葬式参列について

"私は、家族、親戚、ご近所のお葬式も含め、だいたい年に1回くらいのペースでお葬式に参列します。 お亡くなりになられた方の親密さや関係の近さによって、夫婦で参列するときもあるし、一人での参加もあります。 私の親類には、ご高齢の方がたくさんいらっしゃり、そのためか、結婚式はまだ人生で5回も行っていませんがお葬式は数多く参列したことがあります。 ついこの間もご近所のお葬式に参列したばかりです。 その方は >>家族、親戚のお葬式参列についての詳細を確認する

心の準備が始まる年代

十年ぐらい前、仕事が忙しかった頃は、付き合いも多く年、5〜6回はありました。その後しばらく少なくなり、ここ数年また数が増えてきたように感じます。年、2〜3回でしょうか。それもこの頃は付き合いとかでなく、親族の間の不幸事です。私の父が亡くなったのが5年前ですが、親族で歳が近い人も多く、続くように亡くなっています。その下になると兄の世代に下がるので、ちょっと開くのですが、段階というのがあるようです。感 >>心の準備が始まる年代の詳細を確認する

親戚でない限りは出席しにくいお葬式

"私がこれまで一般にお葬式と呼ばれる、葬儀告別式に参加したのは32年間の人生で2回だけです。 両親は健在で、祖父母は私が生まれる前に他界し、5年ほど前に叔母が無くなった時は、 叔母が遠方に住んでいたと言う事と、私が第一子の臨月を迎えていた時期であったため参加することができずにいたので、 本当でしたら3回出席する機会があったと思います。 それとは別に、近所の方や、学生時代の同級生の両親、職場の方の両 >>親戚でない限りは出席しにくいお葬式の詳細を確認する

最新のエントリー一覧

お寺の参拝マナー
"春の桜の季節や秋の紅葉や大晦日に、私たち日本人がよく訪れる場所にお寺があります...

お焼香の作法は宗派によって異なります
" 通夜、告別式で行われる焼香は、お香の香りで邪気を祓い、霊前を浄め、冥福を祈る...

遺骨の扱い
"もう10年近く前の話になりますが、祖父のお葬式の時のことでした。 火葬や告別式...